2016年02月15日

〜道草〜 今月の兼題と例句  三十五. 椿(つばき)と 鰆(さわら)

平成二十五年三月の兼題は「椿」と「鰆」。どちらも「春」を旁(つくり)にした漢字で、違っているのは「木」偏と「魚」偏だけ。私の遊び心で選ばせて頂いたものです。

赤い椿白い椿と落ちにけり           碧梧桐(へきごとう)
(あかいつばきしろいつばきとおちにけり)


赤い椿と白い椿の代る代る落ちる光景が赤と白の対比と椿の落ちる動きとで印象鮮明かつ単純明快に描かれております。子規は俳句分類で知った叙景句に魅力を抱き、画家中村不折(なかむらふせつ)から得た洋画の技法「写生」を俳句に応用し月並俳句を打破して俳句革新をなし遂げましたが、この句などはその「写生」を体現したものと言えましょう。
碧梧桐と共に子規門の双璧をなした虚子も「高吟椿壽居士(こうぎんちんじゅこじ)」という戒名の示す通り椿を大変愛した俳人でありました。虚子には「椿子物語(つばきこものがたり)」という小説もあります。

ゆらぎ見ゆ百の椿が三百に           虚子(きょし)
(ゆらぎみゆひゃくのつばきがさんびゃくに)


虚子の甥の池内たけしは

仰向きに椿の下を通りけり           たけし
(あおむきにつばきのしたをとおりけり)


という句で大正十一年、「ホトトギス」四月号の巻頭を得ました。この淡泊かつ平明な表現を客観写生のモデルとして虚子が賞揚したため一時「通りけり」が大流行したとのことであります。私は学生時代、池内たけしの「欅(けやき)」でその平明な写生を学びました。
流派は違いますが、石田波郷(いしだはきょう)もまた自宅で椿祭を催すほど椿を愛した俳人であります。

ひとつ咲く酒中花はわが恋椿          波郷(はきょう)
(ひとつさくしゅちゅうかはわがこいつばき)


第七句集『酒中花(しゅちゅうか)』の題名となった昭和三十九年の作品。「酒中花」は花弁の周辺が赤くにじみ出た絞りの中輪で、「恋椿」とは「酒中花という名前に惚れて買った椿」の由です。

山火事の次の日鬱と山椿            子郷(しきょう)
(やまかじのつぎのひうつとやまつばき)


「椰子会(やしかい)」の句友、友岡子郷(ともおかしきょう)の第二句集『日の径(ひのみち)』所収の一句。山火事の翌日、山中で出会った山椿に感情移入したもの。「鬱」という一語が余燼(よじん)の残る山谷の気配を生々しく伝えております。昭和五十一年のこの頃から彼は抒情性と選語感に優れた個性を花開かせ第一回雲母選賞や第二十五回現代俳句協会賞を立て続けに受賞して俳壇の注目を浴びました。
彼の所属した「雲母(うんも)」は平成四年八月一日付通巻九百号で終刊となりますが、

白日のなかへ入りゆく鰆船           子郷(しきょう)
(はくじつのなかへいりゆくさわらぶね)


という句は、その直前の七月号の巻頭を飾ったもので、沖へ向う鰆船が空に懸かる白日のなかへ入ってゆくように見えたというその感性と独想性とは素晴らしく、この句に勝る「鰆」の句は今後一寸現れ無いように思われます。
何れにせよ、飯田龍太と友岡子郷との師弟関係は余人には図り難い詩的黙契という強い絆で結ばれていたように感じます。

     
(平成二十五年三月七日 葉月会「道草」より)


2212716.jpg



俳句・短歌 ブログランキングへ
posted by 俳句の会 世話人 中杉 髏「 at 00:00| 三月の季題について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする