2015年10月15日

〜道草〜 今月の兼題と例句  三十一. 鷹(たか)と 木の葉髪(このはがみ)

平成二十四年十一月の兼題は「鷹」と「木の葉髪」に致しました。

鳥のうちの鷹に生れし汝かな          鶏二(けいじ)
(とりのうちのたかにうまれしなんじかな)


橋本鶏二は高野素十の第三句集『野花集(やかしゅう)』の解説をした人です。客観写生に徹した点では素十に次ぐものがありました。しかし、虚子から「鶏二は作者である。」と評されたようにやや主観的な作意の見える嫌いがありました。掲出の句は「ホトトギス」昭和二十年三月号の巻頭句で第一句集『年輪(ねんりん)』所収の鶏二の代表句として有名であります。これは戦時中、鶏二が大阪で徴用工として働いていた工場での空襲体験と故郷の伊賀の高原で見た鷹の群翔とが混然一体となって生じた相に依り得られた群作中の一句とのことであります。「鳥のうちの鷹」とは鷹の賛美であると共に作者自身の自負でもあります。この句は後日、虚子によって「ホトトギス」雑詠選集予選稿から外されました。他に鶏二には

鷹の巣や太虚に澄める日一つ
(たかのすやたいきょにすめるひひとつ)

盤石を掴みて鷹の双びけり
(ばんじゃくをつかみてたかのならびけり)

鷹匠の虚空に据ゑし拳かな
(たかしょうのこくうにすえしこぶしかな)


などがあります。

鷹一つ見つけてうれし伊良古崎         芭蕉(ばしょう)
(たかひとつみつけてうれしいらござき)


『笈の小文(おいのこぶみ)』の中にあるこの句は、芭蕉が三河の旅の途次、萬葉集で伊勢の名所とされる伊良古崎で鷹の初渡りが見られることを知り、憧れて立ち寄ったその場でいみじくも一羽の鷹が遠望されたことに感激して作られたものであります。

木の葉髪文芸永く欺きぬ            草田男(くさたお)
(このはがみぶんげいながくあざむきぬ)


第一句集『長子』冬の部所収の句。草田男は倉田百三の『出家とその弟子』『愛と認識との出発』により文芸ヘの憧れを抱くのですが、後に「幼い頃から文芸の世界に魅了された私は、いつの間にかフィクションの世界と現実の世界を混同してしまっていた。しかしふと気付いてみれば、一切は虚妄であったとの思いのみが徒に痛切である。」と告白しております。大学を卒業し、社会に出てその永い夢から醒めた時の思いが強く籠められております。

木の葉髪梳かせ昔は昔はと           しげる
(このはがみすかせむかしわむかしわと)


「ホトトギス」の昭和三十年四月号(通算七百号)の雑詠二句欄上位にある大阪の篠塚しげるという人の句です。私は作者とは全く面識が無いのに「木の葉髪」と言えば何故かこの句が思い出されるから不思議です。祇園の置屋のような所なのでしょうか。元名妓で通した女将が弟子の芸妓達に木の葉髪を梳かせながら華やかな過去を思い出しては「昔は良かった、昔は良かった。」と繰返し口癖のように言っている様子がどこか可笑しくもあり哀れでもあります。


     
(平成二十四年十一月十一日 葉月会「道草」より)


2212716.jpg



俳句・短歌 ブログランキングへ
posted by 俳句の会 世話人 中杉 髏「 at 00:00| 十一月の季題について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする